MENU

Voice3

お客様が
僕を選んでくれた。
思わず心の中で
ガッツポーズ。

武川 聖

リフォームアドバイザー(営業) 入社2年目 21歳

「君に頼むよ」お客様から言われた
何よりうれしい言葉。

リフォームアドバイザー(営業)として働いて2年目、今は水まわりを中心としたリフォームを担当しています。お問合せのあったお客様のもとに伺い、困りごとをヒアリング。「台所が使いづらい」「もっとおしゃれにしたい」などの要望に、どうすれば応えられるかをご提案します。
ある日、「とりあえず値段だけ教えてほしい」というお客様から問合わせがありました。値段だけとのことでしたが、丁寧に提案を重ねていくうちに「他社の方が値段は安かったけど、君の対応が良かったから頼むことにするよ」と、お客様が自分を選んでくれました。お客様に寄り添う対応を心がけていたので、その仕事のし方が正しかったのだと、もう、嬉しくて仕方がなかったです。
サンリフォームの、お客様のことを一番に考える姿勢。それは入社後3ヵ月間みっちりと受ける研修や、その後のOJTで先輩方から教えてもらったからこそ、身についたのだと思います。

以前から知っていた、
サンリフォームの
スタッフたちの人柄。

入社する数年前に、実家をリフォームしました。施工をお願いしたのは、実はサンリフォーム。その時のアドバイザーの対応の良さ、施工に来る人の丁寧な姿勢がとても印象的で、就活の時に「働きたい会社はどこだろう」と考えた時に、一番に候補にあがりました。入社後の今も、その印象は変わっていません。新人の僕に対しても丁寧に会話をしてくれて、先輩と話しやすい職場です。
リフォームアドバイザーとして働き始めた頃は、契約になかなか結びつかなくて落ち込むこともありました。そんな時は、先輩が「元気がないけど大丈夫?」と声をかけてくれました。いつも気にかけてくれていることを感じて、「ありがたいなぁ」と感謝しています。

学生時代の、
数倍価値ある知識を学べる環境。

入社前は、学生時代に学んだことを基に仕事を進めるものだとイメージしていました。しかし実際に入社すると、学校で学んだ建築の知識は、仕事の一部でしか活用できず衝撃でした。
実務では、各設備の機能について真剣に考えたり、お客様への対応や提案のためのプレゼンスキルを磨いたりと、ビジネスの場だからこそ経験できることがたくさんあります。社会人わずか2年目で、学生時代の数倍価値あることを学べています。さらに多くのこと、より価値のある経験と知識を得られると思うと、これからが楽しみです。

業界では珍しい、
サンリフォームの制度。

サンリフォームは、日曜日がお休みです(土曜日は隔週)。僕自身は学生時代、土日にバイトを入れて働いていたため、就活の時もいつが公休かは気にしていませんでした。どちらかというと、フレックス制度を利用しやすい環境が良いところだと感じています。学生時代の友人たちの多くは建築業界で、土日ではなく平日が休み。僕はフレックス制度を活用して早めに仕事を終わらせて、みんなと待ち合わせています。友人からは「土日休みも、フレックスを利用しやすい環境も、建築業界では珍しい」と言われます。おかげでオンとオフの両方を充実させられています。

message

就活している方にメッセージ

学生から初めて社会人になるタイミングでは、 ネームバリューや給与も気になるポイントだと思います。しかし、長く働くためには自分自身の気持ちも大事です。「その職場で働きたいか」「その会社の人たちと一緒に働きたいか」、それを就職説明会や面接で、考えてみてください。そう思うことができたら内定を受諾することをお勧めします。実際に入社してからは、働きやすさがとても大事だと僕自身は感じましたから。

Other Voice

Entry