MENU

Voice8

課題を解決することで成長できる、
だからこそ仕事はおもしろい。

福田 義根

リノベーションディレクター(施工管理) 入社13年目
前職:クロス職人

人の良さで真っ先に浮かんだのが
「サンリフォーム」。

前職はクロス職人として施工会社に所属していました。その頃に仕事の依頼をもらっていた会社の1つが、サンリフォームだったんです。サンリフォームは働く人たちがいつもイキイキしていて、楽しそうに仕事をしているイメージ。以前からずっと気になっていました。
転職を考えるようになって、まず頭に浮かんだのはこの会社。職人としての仕事は、会社ごとに大きな差はないと考えていました。違うのは「人」と「環境」。それなら「サンリフォームで働きたい」と考え、応募しました。

ダイナミズムを感じられる、
現場を総合管理する仕事。

サンリフォームに入社後すぐは、施工現場の一部を管理することからスタートしました。今は、自分もアイデアを出しながらデザイナー(設計)とともにお客様との打合せに参加。施工現場では職人への指示出しや進捗の管理など、仕事の幅が広がりました。手がける領域が広がるにつれ、直接ものづくりをすることは少なくなりましたが、企画から参加し総合的に現場を仕切っていくことはとてもダイナミックで、やりがいが違うなと実感しています。特に設計図と実際の施工とのギャップをどう工夫して埋めていくかを考えるのはとても楽しいですね。

お客様のことを一番に考え、
課題をクリアし続けるからこそ
自身と会社が成長していく。

お客様の負担を少なくできるよう、とことん考える。本当にお客様のことをよく考えている会社だと思います。例えばリノベーションする物件を決めた場合、その工事が終わるまで入居ができないわけですから、家賃がダブルで発生してしまいます。ダブルカウントの期間が短くなるよう、できる限り工事の密度を濃くし、スムーズに進行させることを心がけています。当然いくつかの作業が重なってきますし、お客様のご希望が新たに出てきて仕様に変更が出たり、設計図から実際に作る場合に誤差が出てくることも当然あります。そんな中でも、お客様のことを一番に考え、実現に向けて設計士や職人とアイデアを出し合い、解決していきます。
もちろんこの時現場を総合管理する自分の仕事はとても重要な役割。その都度でてきた課題をクリアし、自分や会社のノウハウに変えていく。お客様の満足度を最優先に考えるからこそ、自分自身もサンリフォームも常に成長し続けているのだと思います。
最近はインターネットやSNSの影響で、お客様のオーダーもバラエティ豊かになりました。内装のイメージも日本だけでなく海外の事例が出てきますし、素材についても本当によくご存じです。
お客様のご希望に応えることでハードルを越えていくおもしろさは、年々上がっていますね。

Other Voice

Entry