MENU

Voice

サンリフォームはいつも、
一歩先に
進める機会を与えてくれる。

小西 昌子

リノベーションコーディネーター(不動産営業) 入社16年目
前職:不動産販売会社にて事務兼営業アシスタント

リフォームの世界は
可能性に満ち溢れている。

前職は、大手不動産会社で中古物件売買の営業アシスタントをしていました。日々多数の物件を扱う中で、売買された家がその先、新しい持ち主のもとでどのように使われていくのだろうと考えるようになりました。またその頃、姉の自宅のリフォームに携わることになりました。住み心地を良くするために間取りを工夫したり、内装のアイデアを凝らしたり。古いものを新しくするだけだと思っていたリフォームのイメージがすっかり変わりました。暮らしに与える影響の大きさを知ったことから、「リフォーム業界で働きたい」そんな気持ちにまでなっていたのです。
学生時代に建築を学んではいたものの、卒業からしばらく経っていたため専門学校に通い、建築CADトレース検定と建築CAD技能技士の資格を取得。いくつか受けたリフォーム会社の中でもサンリフォームは、私自身を丁寧に見て面接してくれたことや、デザイナー(設計)として活躍できる可能性を感じ、入社を決めました。

ジョブチェンジで、
さらにやりがいがアップした。

入社して10年間は、デザイナーとして経験を積みました。当時は珍しかった、アドバイザー(営業)と一緒にお客様との打合せに参加するなどして、より一層細やかにニーズをくみ取る設計を心がけていました。
そんな中、社内で不動産仲介事業部を立ち上げるという話が出ました。リノベーションの前の段階である中古物件探しから、リノベーションの完成まで関わることができることから、「これまでのデザイナーの経験を活かして、より広い視野で住宅について考えたい」と思い、コーディネーター(不動産営業)に手を上げてジョブチェンジ。設計の経験があるから、住宅の構造についても知っていることは強みですし、お客様と一緒になって住まい探しからリノベーションまで手がけられて、仕事の幅も広がりました。
私自身、結婚して出産を経験していることから、お子様のいるご家庭のリノベーションでは、家探しや間取りのことなど実体験を元に提案ができる点も、仕事の楽しさや、やりがいに繋がっています。

変化に対し、
柔軟に対応してくれる会社。
だから長く働けるし、働きたくなる。

産休を経て復帰しましたが、今はまだ子どもが小さいので急な事態には周りがサポートしてくれることに、本当に感謝しています。また私自身も、フレックス制度を利用し、時間の区切りをより一層意識することで、いかに効率よく仕事をしていけるかを考えるようになったと思います。
ライフステージが変わる、よりスキルアップできる領域に進みたくなった時、「どうすれば理想的な状態に近づくことができるか」を考えてくれる会社だから、長く働けるし、働きたくなります。

Other Voice

Entry