代表メッセージCEO Message

お客様の「想い」や
「願い」を
大切に「カタチ」に
変えていきたい。

弊社に関心を持っていただいた
皆様に感謝申し上げます。

サンリフォームは、住宅リフォームの専門会社として創業し、おかげさまで40年を迎えます。
思えば創業当時は、リフォームは工務店の余技のような存在で、営繕や修繕と呼ばれ、
現在のような高付加価値のリフォームはごく少数でした。

私たちはその頃から現在まで、変わらぬ姿勢でお客様のニーズに真摯に耳を傾け、
デザイン・動線の回遊性・快適さ・エコ・バリアフリー・安全性など、多岐にわたるご提案を示してきました。
弊社が「本物のリフォーム会社」にこだわるのには、それだけの自負と責任感を持っているからです。
ただ、長年にわたり蓄積してきた経験から「実はリフォームにとって一番大切なのは、
こういう風に簡単に言葉にできないところにあるのではないか」と感じるようになりました。

それは、お客様の「想い」であったり、心や脳裏に浮かびながらも伝えきれない「願い」であったりします。
私たちは、お客様のそんな「想い」や「願い」を大切にすることを常に考え、「カタチ」に変えていきたいと思っています。
そして、採用にあたってはその良きアドバイザーとなる「原石」を募っております。
共にビジョンを共有し、これからのサンリフォームを創り上げていただきたいと思っています。
最後に、弊社に関心を持っていただいた皆様に感謝申し上げ、お会いできる日を楽しみにしております。

関西店代表森江康晴 関東店代表中井勝則

リフォーム業界の今後の展望

住宅業界といえば、これまでは新築物件がマーケットを牽引してきましたが、ここにきて、新築市場は停滞しつつあります。新規の着工数を見ても、ここ数年は横ばい、あるいは減少に転じているのです。
その背景には、不況により住宅の購入が控えられてきたこと、建築技術の進歩により住宅の寿命が延びていること、さらに日本の人口そのものがすでに頭打ちになってきていることなどが挙げられます。この傾向は、今後も続くもの思われます。既存の住宅を、そこに暮らす人が望むスタイルに改築・改装していく。それがリフォームです。時代が成熟するにつれて、「気持ちよく暮らしたい」と、住まいのソフトの部分に関心を寄せる人が増えています。
また本格的な高齢化社会の到来により、人々がひとつの住宅に暮らす時間が長くなり、住み慣れた我が家に手を入れながら長く大切に住もうという意識も高まっています。「リフォーム」は、これからの住宅業界を読み解く、重要なキーワードなのです。

住宅リフォーム市場規模推測図

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。