MENU

Voice5

成長できる
職場環境と、
家族と過ごす時間が
しっかりある幸せ。

野口 悟史

リノベーションコーディネーター(不動産営業) 入社6年目
前職:大手ゼネコンでの現場監督

建築に関わりたい。
自分の時間も欲しい。
だからサンリフォームに入社。

以前の会社では建設現場の監督をしていました。深夜に及ぶ勤務が常態化していて、プライベートの時間が全くなく、転職を考えるようになりました。
学生時代に学んだ設計と、前職の経験を活かす建築業で、プライベートの時間も確保できる会社を探すことに。その頃ちょうどリノベーションが注目されるようになった時期で、業界全体が盛り上がっていて「おもしろそうだ」と感じたこともあり、サンリフォームに応募しました。実際に面接でお話しすると、働きやすそうな雰囲気が伝わってきて、「この会社なら希望が叶う」そう素直に思うことができたんです。

今までの経験を活かし、
新しいチャレンジを。

お客様のご要望にあったリフォームプランを提案する、リフォームアドバイザー(営業)として入社しました。しばらくすると、サンリフォームの新規事業として、不動産仲介事業部の立ち上げが決定。リフォームだけでなく、その前段階である中古物件探しから手掛ける事業です。そこなら、今まで培った知識や能力を活かしつつ、仕事の領域を広げることができると思い、ジョブチェンジに手を上げました。現在は、リフォームを前提とした不動産仲介からリフォーム完了まで、新たな住まいをトータル的にコーディネートするリノベーションコーディネーター(不動産営業)としてスキルを磨いています。

物件探しもリフォームも、お客様の数だけ個性があり、理想があり、心地いいと感じられる暮らし方があります。当然、答えが1つになることはなく、提案も多岐にわたり、その中からベストを探り出していくわけです。
様々な条件とその解決案を、マトリックス的に考えていくのは複雑で大変です。でも宝探しのようなおもしろさがあって、仕事を完結させた時の充実感は格別。まさに新しいことを常に生み出している感覚です。それも、周りのスタッフのサポートがあるからできること。「みんなで助け合って目標を達成する」という、サンリフォームの社風があってこそだと思います。

念願の、
家族とゆっくり過ごす休日。

仕事をしている妻の休日は、サンリフォームと同じ日曜と隔週土曜。不動産・建築業界で土日に休める会社は少ないと思います。だから、一緒に過ごせる休日の良さを実感しています。今後子どもが学校に行くようになると、もっと貴重なものになるでしょう。サンリフォームでは、「働き方改革」と言われるようになるずいぶん前から、スタッフが働きやすいように社内制度が改善されてきました。家族を持つ身になって、よりこの会社の良さを感じるし、ありがたいと思います。

Other Voice

Entry