車椅子でも暮らしやすく、バリアフリーリフォーム

今回はお客様が車椅子をご利用される方でしたので、「車椅子でも暮らしやすく」をテーマにリフォームをさせていただきました。全体的にバリアフリーに特化したリフォームとなっています。

キッチン

■LIXILリシェルSI
シンクの下をオープンにすることで座ったままでも使いやすくしました。カウンターの高さも通常より5cm低い80cmに設計しています。

1.吊戸棚

レンジフードと高さを揃えることが多い吊戸棚も低く設計。また、暗くなりがちな調理スペースは照明をつけることによって手元を明るくしています。

2.レンジフードとコンロ下の収納

レンジフードはどうしても手が届きづらいので、オプションで照明や換気扇をリモコンで操作できるようにしました。
コンロ下の収納は、座ったままで姿勢を崩すことなく、物を取り出しやすく、しまいやすい『らくパッと収納』を採用。

3.カップボードと家電収納

食器棚兼パントリー収納の扉は、引き戸にすることによって扉の開閉スペースをなくし、車椅子のまま使いやすいようにしました。
家電収納棚も、使いやすい高さにこだわった大工さんによる造作棚です。

洗面室

1.リビングから洗面室へスロープで

■スロープで車椅子のまま洗面室へ
構造上取り払えない段差を解消するために、リビング横の和室を一部つぶして、長くゆるやかなスロープに。
車椅子のまま、リビングから洗面室に直接入れるような空間に仕上げました。
■納戸も広々
和室の残りのスペースは収納として使えるよう、納戸にして有効活用しています。

2.360度方向転換できる広さ

■造作洗面
洗面室は車椅子が360度回転できるようにしっかりスペースを確保。
洗面台も座ったまま使いやすいよう、一般的なバリアフリーの既成品ではなく、カウンターの幅を長めに確保して造作しました。洗面ボウルは半埋込型の浅いのものを採用し、車椅子のまま奥まで入って手洗いができるように設計してあります。

浴室

■LIXILスパージュ
お風呂も他の部屋同様、引き戸にすることで出入りしやすいように。
座れるベンチカウンターと、座れる保温蓋が特徴です。
ベンチに腰掛けたまま、浴槽までスッと横に移動することができます。

トイレ

■広々トイレ空間
トイレ空間も車椅子が回転できる広さに仕上げました。また手洗い器を別に設置したことによって、無理なく洗える仕様となっています。

インターホン

■高さもピッタリ
インターホンも車椅子に座った状態の目線の高さに合わせて設置しています。

廊下

■車椅子でもゆったり
車椅子が余裕を持って通れる幅になっています。手すりを持ってもゆとりのある幅感となっているため圧迫感もありません。

【リフォーム費用 800万円】
●間取り変更(バリアフリーリフォーム) 
●床・壁・天井など内装全般
●内部造作
※諸経費・税は含みません

■事例はこちらから!

インターホンの高さや、手すりの高さ、収納の高さなど、今まで不便と感じられた「高さ問題」も解消しました。できるだけストレスを軽減するのはもちろん、ご家族の皆さまの暮らしやすさにこだわったお住まいとなっています。
動画では、実際のお住まいでさらに詳しく解説しています。
こちらもぜひご覧ください!

リフォームについての
ご相談はこちら

Contacts & Store Information

PAGE TOP