ひと部屋なくてもつくれる、テレワークスペース実例と、その目安費用

在宅勤務/テレワーク/副業が普及しつつある今、住まいにあると便利な「ワークスペース」。

今回ご紹介するのは、間取りを上手に活かし、限られた空間に書斎&ワークスペースをつくり出した7つの実例と、その目安費用。全面改装(フルリフォーム)しなくても、オフィスのように集中できる環境をつくれるアイデア満載です。

1.リビングの一区画に

マンションで、書斎用にひと部屋もとれない!そんな方が、リビング・ダイニングの一部をワークスペースにする例が増えています。

机のスペースさえあればOK!

幅80㎝もあればPCが1台置けます。

壁面に収納棚を付けて、デスクの作業スペースを確保しましょう。

【費用目安】
~10万円
(※机・収納棚を造作した費用)

この事例の詳細はこちら

技あり!段差と間仕切り壁で、リビングと異なる空間づくり

リビングが広いお家は、一区画をワークスペースにしてしまうという手も。

こちらの例は、壁で仕切り、床は一段上げて、床材をカーペットにすることでリビングとの境目ができ、より”お部屋”な印象になりました。

【費用目安】
30~50万円

この事例の詳細はこちら

高い間仕切りで、ハーフクローズドなワークスペース

高い間仕切り壁をつくると、ほぼ独立した書斎のようになって、集中力もUP。

もし圧迫感を感じる場合は室内窓をつけて、光と風を取り込むのもいいでしょう。

【費用目安】
20~40万円

この事例の詳細はこちら

隣接する部屋を少し削って、ワークスペースを捻出

隣接する部屋を削って、リビングに繋がるワークスペースをつくった例。

部屋の解体を含めた場合、費用はお高めになります。

【費用目安】
35~65万円

この事例の詳細はこちら

2.リビング以外にも

<階段下に>階段下のデッドスペースを活用

物置になっていたスペースでも、高さがあればワークスペースに変身します。

【費用目安】
20~35万円

この事例の詳細はこちら

<寝室近くに>寝室横に、壁でゆるく仕切った書斎

就寝前の読書やちょっとした作業をするために、寝室横につくった3畳程度の書斎スペース。

【費用目安】
10~40万円

この事例の詳細はこちら

<玄関土間の一角に>玄関土間とつながるワークスペース

仕事+αでDIY・陶芸なども楽しみたい方におすすめ。

仕事関係で来客が多い方は、プライベートな空間を通らずに土間で商談を済ませることも。

【費用目安】
15~45万円

この事例の詳細はこちら

3.集中できる書斎を作るためのポイントや注意点

・コンセントの位置に気を付けて設置しましょう
・壁収納棚の設置を検討すれば、その分床が広く使えます
・カーペットや床材を変えたり、ラックで仕切ったりして『空間』をつくるとGOOD
・手元が暗くならないように、照明を置く場所に注意しましょう
・作業中に快適に過ごせるように、空気の流れを考えて設置しましょう
・背面が壁の場合は立つ・座る動作を考え、机から壁の奥行を最低1mは取っておきましょう
・急なオンライン会議でも慌てないように、画面に映る背景にも気を配るといいでしょう

全面改装しなくても、書斎用にひと部屋なくても、オフィスのように集中できる空間はつくれます!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

※あわせてこちらもご覧ください※【施工事例 ワークスペース限定】

リフォームについての
ご相談はこちら

Contacts & Store Information

PAGE TOP