プロのお仕事 ー 設備

サンリフォームの工事には、その道を極めたプロたちが関わっています。
今回は「設備」のプロの、お仕事にかける想いを紹介!

伊与久 俊彦さん/職人歴 35年 【好きな言葉】努力は報われる

設備やさんはいわば、キッチンやお風呂など水まわり工事のプロ。
築年数が経った現場で出会う設備や、新しい商品…必要とされる知識と技術は多岐にわたります。暮らしに欠かせない「水まわり」に向き合い、気づけば35年が経っていたと明るく話す伊与久さん。

お客さまからの感謝の言葉が最高のモチベーション

キッチン、お風呂、洗面など水まわり全般の設備の交換や取り付けが私の仕事です。
古い設備の撤去から、配管の整備、新しい設備の設置まで担当しています。

水まわりの設備は気軽に購入できるような価格ではありません。仕事の良し悪しはお客さまの生活に直結するので、水漏れをださないことはもちろん、設備に少しでも傷が入らないように細心の注意を払っています。
やって良かったとお客様に言われるのが私にとって最高の褒め言葉です。

やりがいに魅了され、気がつけば職人歴35年

設備を組み立て、配管を通して、調相機を付けて、など自分の仕事がすすんでいくうちにどんどん形になっていくので、ものづくりの楽しさを感じられます。
完成したときに、お水やお湯が出たり排水がきちんと流れると達成感がありますし。安堵する瞬間ですね。お客さまが入居されてしばらく連絡がなければ、満足して使用されているのかなと実感できます。

目の前の仕事をコツコツとこなしていくうちに、気がつけば35年経っていました。

徹底した事前の準備が仕事の質を左右する

水まわりの設備は数年に一度新しい商品が販売され、現行商品のマイナーチェンジも頻繁にあります。
その度にメーカーから施工の仕方や使用する部品の変更箇所についての資料が届くので、それに目を通しておくのがとても重要です。

現場に行ってからぶっつけ本番で作業をすると分からないことも多く時間がかかってしまいます。
限られた時間の中で丁寧な仕事をするためにも、事前の準備を徹底することが大切です。

初心を忘れることなく、さらなる高みを目指す

職人歴35年になりますが、日々新しい商品が販売されますし、古い現場では見たことのない設備に出会うことがあります。
仕事内容は同じように見えて現場ごこと違うので、まだまだ勉強の日々です。
また、この業界は80歳になっても現役で技術力の高い職人がたくさんいらっしゃいます。その方たちを超えたい気持ちもありますし、いつまでも綺麗な仕事をできるように、体を壊さずに働き続けることが目標ですね。

「Partner」-未来を共創する⼒

住まいづくりは、⼀⼈の⼒ではできません。 豊かな経験と知識をもった多くのプロフェッショナルが揃って、はじめて⼼地よい空間がつくられます。 サンリフォームでは「協⼒会」の名のもと、信頼できるパートナーをネットワーク。 私たちと専⾨職の⽅々の関係だけでなく、専⾨職の⽅々同⼠も横のつながりを育み、情報交換しあうことで、 同じゴールをめざす「チーム・サンリフォーム」へと進化を遂げています。

企業サイトへ

リフォームについての
ご相談はこちら

Contacts & Store Information

PAGE TOP