北欧スタイルなインテリアづくり

シンプルながらも色使いが美しいデザインと、機能性も重視された北欧スタイルは、日本にもすっかり定着しました。北欧(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)の人々は、長い冬の間家で過ごす時間が多いことから、室内を明るく快適な空間にするためのアイデアをいっぱい持っています。
北欧家具や雑貨に使われるカラーやデザインはハッピーな気分にさせてくれるものばかり。そんな洗練された北欧スタイルは、シンプルで高機能なものを好む日本人との相性がいいのかもしれません。

こんな人にぴったり!

・シンプルでおしゃれな雰囲気にしたい
・機能性の高いお部屋にしたい
・飽きのこないスタイルに変えたい

1 カラーコーデのポイントは?

メインに淡色を使って北欧ムードを演出

床や壁のベース部分にアイスブルーやブルーグレーなどの彩度を抑えたスモーキーカラーを使うと北欧感が表現できます。ポイントは、淡い色ばかりになると子供部屋っぽくなってしまうので要注意。

北欧インテリア初心者の方はホワイトやアイボリーをベースカラーに選び、扉や収納ボックスなどにアクセントカラーを1色プラスするのも◎。

この写真の事例紹介ページへ この写真の事例紹介ページへ

ブルーやグレーをメインに使うとお部屋が冷たいイメージになりそうですが、ウッド調の家具や雑貨を配置することで、お部屋全体をやさしくナチュラルな雰囲気にまとめてくれます。

この写真の事例紹介ページへ

インテリアのポイントに大柄デザインの壁紙やカーテンを取り入れれば、さらに北欧らしさアップ。

この写真の事例紹介ページへ

2 おすすめの内装アイテムは?

明るい色のフローリングで、のびやかな空気感を

ホワイト基調のシンプルなお部屋でも、パーケットやヘリンボーンなどを使ってフローリングの貼り方を工夫することで雰囲気をガラッと変えることができます。もう少し印象的なイメージにしたい人におすすめです。

また、腰壁にモールディングを装飾すると、落ち着いた北欧スタイルに加えて、クラシカルな雰囲気を演出できます。

この写真の事例紹介ページへ

3 家具・インテリア選びのポイントは?

自然な素材や質感を活かしたナチュラルテイストのアイテムを選ぼう!

北欧テイストのお部屋には、ファブリックソファの温もりや天然木を使った家具の美しさがより映えます。

曲げ木のダイニングチェアや脚のあるテレビボード・チェストを取り入れることで、さらに北欧らしさを引き出してくれます。

この写真の事例紹介ページへ

ナチュラルで温かみのある木材の素材感を活かした北欧家具に、植物や動物など自然をモチーフにしたアイテムや、日本でも人気の北欧ブランド「マリメッコ」のような独創的で大胆な色合いの雑貨を飾るのもGOOD!

照明にはナチュラルカラーの木製フレームや半透明シェードのペンダントライトを選ぶと北欧らしい優しく上品な空間に。

この写真の事例紹介ページへ

スッキリとクールなイメージにしたい場合は、スチールなどの無機質な素材の家具を取り入れるのがおすすめ。反対に、赤みのある木の家具を使うとあたたかい雰囲気のインテリアにコーディネートできます。

この写真の事例紹介ページへ この写真の事例紹介ページへ

リフォームについての
ご相談はこちら

Contacts & Store Information

PAGE TOP