ホテルライクなインテリアスタイル

都会のホテルのような非日常的な空間を、洗練された内装と高級感のあるインテリアで演出するモダンスタイル。
自宅マンションをホテルのようなくつろぎ空間にするためには、生活感を隠し、装飾を減らすことがポイント。またゆとりのある動線と、インテリアの統一感を出すことで、無駄のないスタイリッシュな雰囲気に。
カラーコーディネートや照明使いなどのポイントを知って、時代に左右されないワンランク上のホテルライクスタイルに仕上げましょう。

こんな人にぴったり!

・シンプル&機能的なスタイルにしたい
・都会的でスタイリッシュなデザインが好き
・生活感をおさえた空間にしたい

1.カラーコーデのポイントは?

シックな色で統一しよう!

ソファやテーブルなどの家具は、ダークカラーやガラスなど上質感あるものをセレクトすると、スタイリッシュな印象に。壁など面積の広い部分にホワイトやライトグレーなど明るい色を使うことで、ダークカラーの家具を置いても圧迫感のない空間を演出できます。

この事例の紹介ページへ

また上質感ある家具と木のフローリングの相性も◎。温かみのあるホテルライクなインテリアにしたい人におすすめです。

この事例の紹介ページへ

2.おすすめの内装アイテムは?

間接照明を上手く取り入れる

ホテルライクスタイルは、家具だけでなく照明インテリアも重要。ホテルのような落ち着きのある空間作りには、スタンドライトやテーブルライトなどの間接照明を配置し、室内を柔らかな光で照らしてみましょう。

この事例の紹介ページへ

ラグジュアリー感やリラックス感を演出するオレンジがかった電球色がおすすめ。
天井のメインライトは埋め込み式のダウンライトにすることで、凹凸をなくし開放的な印象になりますよ。

この事例の紹介ページへ

3.家具・インテリア選びのポイントは?

生活感を隠して、シャープなインテリアを

ホテルライクなインテリアで大切なのは、清潔感を保つことです。生活感を出さないために、雑貨や普段使わないものは収納して、シンプルにまとめましょう。

この事例の紹介ページへ

より近代的なスタイルにする場合は、レザーのソファやシャープな家具を選ぶと◎。ゆとりのある動線を心がけて家具を配置すると、広々とした快適なお部屋として過ごしやすいです。
また、観葉植物や花を飾るとホテルのような雰囲気に仕上がります。

この事例の紹介ページへ

リフォームについての
ご相談はこちら

Contacts & Store Information

PAGE TOP