”暗くて狭い”をリフォームで解消する!キッチンの移動と、その費用

『キッチンが暗くて狭く感じるため、なんとかしたい』というお悩みは、リフォームのよくあるご相談ごとBEST5に入ると言っても過言ではありません。

それぞれの暮らしに合わせたキッチンリフォームのアイディアを、だいたいの費用と併せてご紹介します!

2~3LDKマンションの間取りでありがちな、対面キッチンのカウンター上部に吊戸棚があって半クローズなキッチンは、どうしてもリビング・ダイニングと分断されて、暗く閉鎖的な印象になりがちです。

暗くなりがちな吊り戸棚のあるキッチン
一般的な「田の字型」の間取り

ここでは、よくあるキッチンのお悩みを解決した事例を、タイプ別にご紹介します。

【アイディア1】 キッチンの向きを90度回転する

全面リフォームの場合、間取りをイチから考えることができるため、キッチンの向きを90度回転させることも可能です。

一般的な田の字型の間取りで窓側を向いているキッチンを、部屋の中心に向かって90度回転させることで、リビング全体を見渡せるようになります。

また、縦長にレイアウトされたLDKであれば、縦に幅の広いシステムキッチンを置けるようになり作業効率がアップすることも大きなメリットです。

費用の目安:材料費65万 +工事費55万 =120万円

1.キッチンを90度回転させることで、リビングとの一体感を感じられるように

もともと吊戸棚のある対面式だったキッチンを、ぐるりと90度回転。
光がしっかり入る明るい空間になりました。リビングとキッチンに一体感がありますね。
吊戸棚をなくした代わりに壁面に大容量の棚と固定棚も設けて、キッチンまわりの収納力はバッチリです。

この事例の詳細はコチラ

2.キッチンを回転し、生活動線を大幅に改善

キッチンを90度回転し、もとは分断されていた洗面室・浴室をつなげることで生活動線を大幅に改善。キッチンの幅は施主様がご希望されたダイニングテーブルの寸法から逆算して、念密に計画しました。

この事例の詳細はコチラ

3.キッチン隣にパントリーを設置し、まっすぐ動線で効率的に

キッチンを90度回転し、隣に大容量のパントリーを設置。さらに洗面室との繋がりも活かすことで、ダイニング⇔キッチン⇔パントリー⇔洗面室を最短距離で行き来することができて、効率的な生活動線に。

この事例の詳細はコチラ

【アイディア2】キッチンの向きは変えずに吊戸棚を撤去する

キッチンの向きを回転させるとなると、配管の延長などの工事費用がかかったり、場合によっては制限が生まれたりすることもあります。

場所を動かさずにカウンター上の吊戸棚を撤去するだけで、目の前が抜けるので閉塞感がなくなり、すっきり明るい印象に。工事費用も最低限に抑えられます

吊戸棚を撤去することで収納スペースが少なくなることを懸念されるかもしれませんが、近年のシステムキッチンは改良が重ねられ、開き扉タイプのキッチンから引出しタイプの収納に変更するだけでも収納力が格段にアップします。
また、背面の壁に吊戸棚を付けたり、壁一面を収納にすることで補うこともできます。

費用の目安:材料費60万+工事費40万=100万円

1.キッチンの向きはそのまま。背面に吊戸棚を設置して収納力をカバー

キッチンスペースの下がり天井部にタモ材の木製パネルを貼ることで、LDK空間の良いアクセントに。
カウンター上の吊戸棚をなくすことで、すっきり明るくなりますね。
背面上部に新たに吊戸棚を設置することで、収納面もカバーしています。

この事例の詳細はコチラ

2.キッチンの向きは変えず、洋室をリビングに取り込んでゆったり空間に

洋室を取り込むことで、ゆったりと広げたリビング。
キッチンの向きを変えずともLDKを見渡せるキッチンになりました。
リビングにちょこんとDENスペースを設置し、家事をしながらお子さまを見守れるやさしい空間に。

この事例の詳細はコチラ

【アイディア3】対面からあえて壁付けに

リフォームでは対面キッチンを採用する事例が多いですが、その場合スペースの確保が必要となります。
間取りによっては対面ではなく、壁付けの方が生活スタイルに合うこともありますよ。

壁付けキッチンのメリットは、壁に沿って配置するため、通路を設ける必要がなく省スペースなことと、生活スペースへのにおいの充満や油はねが、対面式に比べるとおさえられることです。

また、壁付けキッチンは天板やシンク・扉・レンジフードまで全てがオープンに見えるからこそ、キッチンをリビング・ダイニングの主役にすることができます。
キッチンにこだわりがあるからこそ、壁付け式を選ぶ方もいらっしゃいます。

費用目安:材料費65万 +工事費45万 =110万円

1.タイルや扉がアクセントの「海外風キッチン」を空間の主役に

憧れの「海外のキッチン」を叶えた事例。淡いブルーの扉材や正方形の白タイルなど、こだわりがつまった自慢のキッチンが主役です。

壁がないので、リビングダイニングとの繋がりも感じられ、閉塞感が全くありませんね。

この事例の詳細はコチラ

2.キッチンを壁付けにして、広い空間を最大限に生かす

WOODONEのキッチン(スイージー)が、まるで家具のひとつのように馴染んでいます。

ご来客が多いとの事でしたので、リビングを広々と使えるように設計しました。
タイル貼りの壁の裏は、キッチン家電などが収納できる棚になっていて、見た目もおしゃれで圧迫感がありません。

この事例の詳細はコチラ

3.壁付けにすることでコンパクトなキッチンに

L型キッチンを、壁付けI型のコンパクトなキッチンにした事例。

ダイニングとの間に設置しているのはカップボードです。
キッチンからもダイニングからも収納可能でとても便利。

コンロとシンクが横一列に並んでいるので作業効率がよく、さらにスペースもコンパクトに抑えられるのが壁付けキッチンのメリットです!

この事例の詳細はコチラ

作業のしやすさ、省スペース、収納力、デザイン、リビングとの一体感…
人それぞれ重視するポイントが違うから、一口にキッチンリフォームと言っても悩んでしまうもの。

今回はキッチンリフォームの素敵な事例をたくさんご紹介しました。
サンリフォームでは、マンション専門リフォームの実績を活かして、マンションならではのお悩みにさまざまな角度からアドバイスをさせていただいております。

例えば…
キッチン横の壁をなくしたいけど、インターフォンが設置されているから撤去できないのでは?
などとお考えの方も多いと思います。
このような【インターフォンの移動】に関することも、マンションの管理組合と相談しながら工事を検討し、進めております。

マンション専門のサンリフォームへ、安心してお任せください。

リフォームについての
ご相談はこちら

Contacts & Store Information

PAGE TOP