リフォームの「現地調査」って何するの?

リフォームのお問合せをいただきましたら、私たちはまずお客さまのご要望をお伺いし、そのあといざお家へ!リフォームのご要望に合わせた『現地調査』を行います。
でも現地調査とは実際に何をするのでしょうか?

正確なお見積りのためには、現地調査が必須!

現地調査とは、実際にお家に伺って、リフォームする箇所を細かく計測・チェックすること
お客様が希望する設備を搬入・設置することができるか?といったサイズの確認に加えて、配管や建物の構造を調べてお客様が希望するリフォームが実現できるかを確認します。

資材や設備などは全て、サイズによって価格が異なりますので、正確なお見積りを提出するためには現地調査が不可欠です。

間取り図に、計測値を書き込んでいきます。

計測の様子はこんな感じ

水まわりリフォームの場合

一か所一か所、素早く(しかし確実&丁寧に)計測していきます。
排水経路を確認するために、棚の中を見させていただき、記録写真を撮らせていただくことも。

浴室は点検口を開けて確認することで、換気ルートの確認や、ユニットバスと壁との空間も計測します。場合によっては間取りを変えずに浴室のサイズを広げられることもあります。

内装リフォームの場合

リフォーム内容によって、どこまで細かく計測するかが変わってきます。
内装貼り替え程度なら簡単な計測で済みますが、例えば建具を変える、クローゼットを大きくするなどといった工事の場合、細かく計測していきます。

動画で確認してみよう!

スタッフが初めてお家を訪れて計測する様子を、一連の流れでご紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

「現地調査ってどんな事をするの?」
「何か準備が必要なの?」
初めてのリフォームはわからないことがいっぱいですよね。
でも、実際お客様に事前にご準備いただくことは何もありません。
まずはリフォームのご要望を私たちにぶつけていただき、そのあとは安心してお任せください!

リフォームについての
ご相談はこちら

Contacts & Store Information

PAGE TOP