ニュースNews

【2019年10月に消費税UP】リフォームするなら今しかない!

【2019年10月に消費税UP】リフォームするなら今しかない!

Q. 消費税率はいつから上がるの?
A. 2019年10月から、消費税8%→10%へ増税が予定されています。

Q. いつまでにどうすれば8%で適用されるの?
A. 下記①②条件どちらかを満たしていれば適用されます。
条件①消費税引き上げの半年前(2019年3月31日)までにご契約
条件②消費税引き上げ前(2019年9月30日)までにお引き渡し

リフォームの場合も消費税が課税されます。税率は工事完了(引渡し)時点の税率となります。ただし、半年前にあたる2019年3月31日までに工事請負契約されたものには経過措置が適用され、引渡しが同年10月以降になっても「8%」で課税されます(新築の場合も同様)。基準日直前にリフォーム工事を実施する場合、工事の集中や天候等により工事が遅れ、工事完了(引渡し)時期が10月以降となり、「10%」が適用される可能性があります。そのため、増税前にリフォームを検討している人は早めに計画を立てておくとよいでしょう。

Q. 消費税は何にかかるの?
A. リフォーム工事費にかかってきます。売主が個人の中古住宅にはかかりません。

Q. 増税で支払いは増えるの?
A. 例えばバスリフォームの場合、相場が100~150万円なので、2%の増税で2~3万円あがります。
下の表(シュミレーション)からもわかる通り、リフォーム内容で金額の影響は大きく違います。当然、工事の規模が大きく、工事費が高いほど、差額は大きくなります。
中古マンションを買ってリフォームするケースは、売主が個人だと建物価格に消費税はかかりませんが、法人だと消費税がかかります。
ちなみに売主が個人の場合でも、仲介会社を通すのが一般的です。

「リフォームって何から始めればいいの?」
「見積もりは無料でお願いできるの?」
「リフォームまでの流れってどうなってるの?」
・・・etc

リフォームのお悩みは
リフォームのプロに
ご相談ください!

リフォームに関するお問い合わせ、無料お見積りのご依頼、
関連冊子や資料請求など、こちらからお気軽にお問合わせください。

リフォーム対応エリア Reform Areamap

大阪府 対応エリア

大阪市(中央区、旭区、城東区、鶴見区、浪速区、西成区、都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、西淀川区、東淀川区、淀川区、北区、王寺区、生野区、東成区、東住吉区、阿倍野区、住之江区、平野区、住吉区)高槻市、東大阪市、池田市、茨木市、交野市、門真市、四條畷市、吹田市、摂津市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、箕面市、守口市、八尾市、島本町

兵庫県 対応エリア

神戸市(北区・西区・垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区)、明石市、芦屋市、西宮市、宝塚市、伊丹市、川西市、尼崎市

京都府 対応エリア

京都市(北区・上京区・左京区・中京区・下京区・東山区、山科区・南区・右京区・西京区・伏見区)、宇治市、向日市、長岡京市、大山崎市、八幡市、滋賀県大津市
※ 一部対応できないエリアがございます。
※ 一部対応できないエリアがございます。